TOP >  運行

スポンサードリンク

運行 に関して

運行 のことを話題にした口コミ情報や関連情報を探してみませんか。あなたの知らない新しい保険のことがわかるかもしれませんよ

現在においては車庫をでた時点で運行しているという解釈になっています。自動車の損害賠償を保障する制度によって自動車運送の総合的な発達が促された面も否めませんが最近ではさらに自動車保険、特に任意保険に関しては特約が幅広く用意されている反面、複雑化してきたともいえるでしょう。これを車庫出入り説ともいうそうですが、かつて運行という解釈をめぐっては幅広い議論があったそうです。

それでは運行とはなにを指すのでしょうか?自賠法3条にいう運行にあたらないと自賠責保険の保険金、また仮渡金は受けられないので自動車を運転している方にとっても非常に重要な問題ですよね。とはいっても自動車の損害賠償を保障する制度、自賠責保険を使用しないにこしたことはありません。当該装置の用い方・・・ハテ?って感じで非常に難解な説明が法律では続いておりますが簡単にいうと現代の世の中においては、車が一旦車庫を出て路上にあるかぎりは、車の走行中、そしてたとえ停車中や駐車中であっても他車にとって危険物であることに変わりはないという風に解釈されており、運行というのは停車中や駐車中の状態も含むといわれています。

たとえば貨物自動車が停止して積荷をおろす作業中に生じたものについて、これは自賠法にいう運行にあたるのかあたらないのか?他にもクレーン車が車体を地上に固定した停車の状態で、本来の業務にしたがって作業していたクレーン車の作業員が操作ミスにより発生したものも自賠法にいう運行にあたるのか?といったような議論があり連日新聞をにぎわしていたこともあったそうです。さて、自賠責保険にあたっては法律によって自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生した損害を賠償する責に任すると規定されています。具体的にいうと自賠法においての運行についての現在の解釈は、車庫をでてエンジンを切って仮に惰性で動いていても、車に備え付けられている装置の使用、停車中の車の荷台から人為的に落とした荷物により通行人に生じたものなども含み、駐車中の車に誤って接触したために生じたものなども、すべて自賠法3条にいう運行に該当するといえます。

運行については法律において、人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいうと定義しています。これは自動車による万一のことで影響をうけたかたがたを広範囲に救済したいとの自賠法の精神が反映し非常に広義なものとなっていることは喜ばしいことでしょう。日ごろから安全運転をこころがけるようにしましょう。


運行 の関連サイト・ブログを紹介します。

運行情報 - 日本郵便
運行情報 現在の運行状況について 現在、大幅なお届けの遅延は発生しておりません。 個別の郵便物・荷物の配達状況は、 追跡サービス でご確認ください 自動車保険 満足度
http://www.post.japanpost.jp/

列車運行情報|阪急電鉄|阪急電車情報
阪急電鉄(阪急電車)の運行情報を提供しています ... ● 現在、30分以上の列車の遅れはございません 自動車保険 新規
http://www.city.moka.tochigi.jp/mokasl/

運行情報 - goo路線
goo路線の運行情報。鉄道、飛行機、フェリーの運行状況が確認できます。 自動車保険 飛び石
http://transit.goo.ne.jp/unkou/

運行管理者等指導講習の概要/独立行政法人自動車 ...
ホーム > 防ぐ > 運行管理者等指導講習のご案内 > 運行管理者等指導講習の概要 アメリカ 自動車保険
http://www.nasva.go.jp/fusegu/

都バス運行情報
都バス運行情報 自動車保険 yahoo
http://tobus.jp/

関連エントリー

運行 に関して   運行 について   運行 は、これです。   運行 に関する話題。   運行 について   運行 とは