TOP >  車両保険

スポンサードリンク

車両保険 は、これです。

車両保険 のブログをごらん頂ありがとうございます。ここでは保険に関する情報をお届けしています。

車両保険は、車両型式別に保険料のクラス分けがあらかじめされています。最近では技術の著しい向上をうけて自動車も多機能をもつようになりました。また車両保険、自動車を購入すると義務として自賠責保険という強制的な保険にはいるかたちになります。この車両標準価格表は保険会社が車両保険契約の時に使用しているものでクルマのメーカー、名前、型式、仕様などがこと細かに記載されています。とはいっても基本的には自動車そのものの部品価格、加速性能と最高速度、盗難防止装置の有無などでおおざっぱに分けられているようです。

自動車は動力性能や運動性能の違いによって価格そのものも違いますし、車両保険にあたってもスポーツカーと同一価格帯にあるファミリーカーではどちらが保険料が高くなるがご存知でしょうか?こういった車両型式別料車は導入されているのは日本だけではなくイギリスをはじめフランスやアメリカ、他にも多くの国でこの方式を採用しているようです。保険料算出の基となる車両型式別科本は毎年みなおしが図られています。その例外とは保険契約者、被保険者または保険金を受取る人の故意によるもの、他にも無免許運転や飲酒運転などがあげられます。自賠責保険は強制保険のため原動機付自転車をはじめ自動車を購入すると、自賠責保険も入らなければいけません。

これらのクラス分けのもとになっているのが車両標準価格表という表です。車両保険も保険の一部ですからあらかじめ多くの人が先に保険料を支払っておいて、万が一のことが起こった場合にその当事者に保険金を支払う相互扶助のシステムといえます。もちろんエアバッグの有無などもしっかりとクラス分けがされており、それぞれの車のラインごとに標準保険価格というものが設定されています。こういったときの修理費用の格差をもともとの自動車そのものに反映し、あらかじめ負担する保険料の公平化を図る目的があってこういった車両標準価格表というものができました。

一般的に車両保険にあっては、支払保険金の大部分は自動車の修理費用に当てられることがおおく、例えばもともと車両価格の高い自動車とそうでない自動車では修理費用ひとつとっても大きな金額の差があるのはご存知かと思います。車両保険とは自動車などにおいて万が一のことを対象として包括的に担保するものですが、例外があります。また突発的な社会現象をはじめ地震、噴火、津波などもその中に含まれますが、こちらは特約をつけて担保することも現在はできます。そもそも被害者救済のための保険ですが同時に加害者の救済システムになっていることも理解しておきましょう。


車両保険 の関連サイト・ブログを紹介します。

車両保険クラス(旧データ)
車両保険クラス(旧データ) 現在は保険会社ごとに自動車保険の料率を細かく設定していますが、以前は車両保険のクラスを中立機関である料率算定会が事故データを元に算出していました。平成15年1月1日時点でのデータを参考に載せてあります 東京海上 自動車保険
http://w3.labnet.or.jp/~okino/

株式会社 千里:車両保険見積請求
株式会社 千里のホームページです。 ... 車両保険の概要については、以下の項目をクリックしてください 東京海上 自動車保険
http://www.chisato-ag.co.jp/form/

有名15社車両保険一括見積もりウェブクルー
ほかのサイトでも見積もりたいなあ そんな人のためにその他一括見積もりサイトを人気順に紹介しました インズウェブ 自動車保険 車種
http://job.k-server.org/uebkuru/

車両保険ってなーに?/車両保険とは?
車両保険とは、車両にかける保険、つまり「自分の車の損害を補填する」ためのもの ですな。 保険金を支払って、車と車の事故や単独事故、そのほか、思わぬ車への損害に備えるのが車両保険です 自動車保険 更新
http://www.okuruma.info/about/

車両保険クラス
車両保険クラス 損害保険の代理店をしていると 『Sevenの様なクルマって車両保険に加入できるの?』 という質問をよく受けます。結論から言うと ちゃんと加入できます 。ただ普通の車と違って車両保険金額を決めるのに保険会社が使用している 車両 ... 自動車保険 年齢
http://w3.labnet.or.jp/~okino/

関連エントリー

車両保険 は、これです。   車両保険 とは   車両保険 の情報は   車両保険 について   車両保険 とは   車両保険 について