TOP >  ノーロス・ノープロフィットの原則

スポンサードリンク

ノーロス・ノープロフィットの原則 の説明

ノーロス・ノープロフィットの原則 のことを話題にした口コミ情報や関連情報を探してみませんか。あなたの知らない新しい保険のことがわかるかもしれませんよ

自賠責保険の大きな特徴でもありますがひとことでいうと、適正原価主義というものです。また、思いのほか利益が発生した場合にかんしても認可、審査基準の趣旨を達成するために別の文言で規定されております。こういった観点からも、上記がすべてではありませんがこのような形で社会保障的性格の強い強制保険である自賠責保険は公平に保たれているといっても過言ではありませんね。保険事業の免許、保険料率変更の認可、つぎに損害保険料率算出団体の算出した保険料率の認可、そして外国保険事業者の事業の免許、事業の種類の変更・追加の認可、保険料率変更の認可が対象となる処分としてあげられております。

できる限り低いものでなけれはならないということは営利の目的の介入があってはいけないということともいえますが、損害保険料率算出団体へのデータ報告義務がしっかりと規定されており適正な基準により審査が常に行われております。自賠法27条において保険料の引下け命令について規定しているのは次の文です「保険料が能率的な経営の下における適正な原価をこえると認めるとき」には保険会社または損害保険料率算出団体に対して保険料率の変更を大蔵大臣は命ずることができるとし、これとは逆に、保険料が適正な原価に達しなくなった場合には、保険会社または損害保険料率算出団体は大蔵大臣に対し保険料率の変更認可申請を行うことができるとあります。利潤の追求がないということですね。

自動車任意保険においても保険会社の利潤が含まれて保険料が決定されています。それは自賠法27条において規定されています。保険というものに関しては一般的にその保険料率に企業の利潤が含まれています。

しかし自賠責保険にかんしては社会保障的性格の強い強制保険でありますから、営利の目的の介入というものは存在しておらず自賠法で保険料率の認可基準を定めておりノーロス・ノープロフィットの原則というものを用いています。法律によって「自賠責保険(共済)の保険料本(共済掛金率)は能率的な経営の下における適正な原価を償う範囲内でてきる限り低いものてなけれはならない。」と明言されております、これは自賠法25条ですね。さらに自賠法25条では自賠責保険に関する一定の処分についての申請があった場合に、その申請に係わる「保険料率が能率的な経営の下における適正な原価を償うものてなく、又は保険料率の算定につき営利の目的の介入かあるとき」はそれらの処分をしてはならないと規定しているのですが、それではこの対象となる処分とはどのようなものか紹介しましょう。


ノーロス・ノープロフィットの原則 の関連サイト・ブログを紹介します。

NRI Solutions: 第1話 「損保業界最大の共同化 ...
... 中で、個性的な商品が続々と登場している損保業界。しかしその一方で全ての損保会社が、同一の内容で提供している保険も存在します。それが自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)です。この保険は極めて公共性が高く“ノーロス・ノープロフィット”を原則 ... 富士火災 自動車保険
http://www.nri.co.jp/nriss/solution/ejibai/

衆議院会議録情報 第091回国会 交通安全対策 ...
そこで、いろいろ考え方がある。あるいはまた、ここにいろいろな問題点を内蔵してくるわけでございますが、自賠責保険の方から見ますと、第一点はノーロス・ノープロフィットの原則のもとに行われている。これも認識しなければいかぬ 自動車保険 口コミ
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/091/0680/

メディアクリップのマーケットタウン | 金融・証券 ...
暴落・塩漬け・ロスカット。あなたの銘柄は大丈夫ですか? 現在この不安定な株式市場でリスク無しで渡っていくことは困難です 自動車保険 軽自動車
http://market.mediaclip.main.jp/

国会質問3/22
損害率と申しますけれども、一定の事故の発生件数など予測いたしまして、支払い保険金のトータルを、おっしゃられましたとおりノーロス・ノープロフィットの原則のもとで、収受した保険料と最終的には均衡するような形に保険料の方を設定するわけで ... オリコン 自動車保険
http://www.daimon-mikishi.jp/kokkai/k-kiji/

交通事故/独占禁止法と日医基準 - 兵庫県整形外科医 ...
損保会社は、ほとんどの場合、日医基準での医療費の請求で自賠責限度額以内であれば、支払いを渋ることはないはずです。この紳士協定と自賠責保険のノーロス・ノープロフィットの原則があるからです 自動車保険 名義変更
http://hcoa.jp/health_profession/

関連エントリー

ノーロス・ノープロフィットの原則 の説明   ノーロス・ノープロフィットの原則 に関する話題。   ノーロス・ノープロフィットの原則 とは   ノーロス・ノープロフィットの原則 の説明   ノーロス・ノープロフィットの原則 の説明   ノーロス・ノープロフィットの原則 の情報は   ノーロス・ノープロフィットの原則 は、これです。   ノーロス・ノープロフィットの原則 とは   ノーロス・ノープロフィットの原則 に関する話題。   ノーロス・ノープロフィットの原則 の情報は