生命保険についてTop >  選び方 >  生命保険の選び方

スポンサードリンク

生命保険の選び方

生命保険に勧められるがままに計画無しで加入して、保険料で首が回らない、このような状態にならない為に、自分のライフスタイル、また家族に適した生命保険を選択することは大切です。

まだ独身だと遺族もまずいないので死亡保障はそれほど多くは必要無いでしょう。
結婚をして、子どもができるまで医療保障に重点を置くと良いと思います。
若い間に終身医療保険を選択すると最終的に保険料が安く済む場合もあります。

死亡保障が必要になる、家族がいる場合には、お子さんが全員自立するまでの間、もしもの場合の生活の負担を減らす意味で死亡保障を重視した生命保険を選択しましょう。
しかし、お子さんの成長やローン返済などによって必要な額は減って来ますので、その時々に合ったプランに変更する事も必要になります。
短期間で考えると掛け捨ての方が安く済みますので、掛け捨ての定期保険を選択する方法も有ります。

老後が気になる50代位からは、老化による病気や怪我に備え、再び医療保障重視の保険にすると良いでしょう。
満期になれば保険金を受け取る事のできる貯蓄保険も一緒に加入するのも一つの手です。

保険の選択で重要な事は、ただ単に安いものを、ではなく、自分に必要な保障を含んでいてなおかつ安いものをを考えなければなりません。
生命保険にはいろいろな特約がありますが、必要が無い物を切り捨て、必要なものだけを選択すると保険料を抑えることができます。

生命保険は最終的に家や車に匹敵する金額のものも有るので、自分や家族が生きる為のもの、これを念頭にして、安心した老後を送れるようじっくりと計画を立てるようにしましょう。

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35664

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

生命保険についてTop >  選び方 >  生命保険の選び方