生命保険についてTop >  保険と共済 >  生命保険と共済保険の比較

スポンサードリンク

生命保険と共済保険の比較

共済は民間の生命保険より負担額が少ないといわれていますが、実際は生命保険と何が違うのでしょうか?

共済とは、COOP共済、JA共済、全労済等の協同組合をはじめとして自治体などの一定の地域や職でつながる人が団体を作って、生死や災害等の時に一定の給付を行う事業のことをいいます。

生命保険は保険業法を根拠法とし、生命保険会社が取り扱っています。

共済の根拠法は複数有り、実施する団体も数多くあり、根拠法の無い共済まで存在しています。


共済には、サザエさんで有名なJA共済があります。
JA共済は農業協同組合法を根拠法とする共済で、基本的に組合員のみの保障なのですが、員外利用(組合員に対して一定の割合まで)や出資金を出し准組合員となれば利用できます。
他の共済に比較して医療保障が充実しています。


全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)です。
全労済、COOP共済は消費生活協同組合法に基づき運営されます。
これは出資金を支払い組合員になれば利用できます。
全労済の共済は、家族保障、医療保障、生存保障、火災等による住宅・家財の保障や、自動車事故による賠償責任の保障まで広く行っているのが特徴となります。
”こくみん共済”も全労済のものです。
特徴は、保険料が低く、生命保険と比較すると配当金も多く、商品もわかりやすくなっています。


COOP共済は自分が最低限確保したい保証が確保できるようになっています。
”たすけあい”や”あいぷらす”等がそれです。
比較的融通が利かない部分も有るのですが、一部を除き審査が不要のため、生命保険では自分に負担が大きいと思えば今まで利用していなかった共済を利用してみてはいかがでしょうか?

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tsuhan.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/35666

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

生命保険についてTop >  保険と共済 >  生命保険と共済保険の比較